COSMO JUN



▲生産地リストに戻る

Un Saumon dans la Loire アン・ソーモン・ダン・ラ・ロワール

生産地域 : France, Loire

生産者名 : Frantz Saumon フランツ・ソーモン

生産者解説

ロワール地方,トゥールから東側にロワール河とシェール河の間に広がる‘モンルイ’というアぺラシオンは1938年に認定され、シュナン・ブラン種の辛口から甘口までの白ワインを生産しております。日本ではVouvrayの方が有名ですが、M.Jacky BLOTや今は亡きStephane Cossaisの出現でこのAOCの認知度が高まってきました。
そのモンルイの‘フランツ・ソーモン’。2002年から始めた若き醸造家で、彼のDomaineのワインはもうフランスでは1つのスタイルを確立し、根強い人気を得ております。
フランツは1999〜2000年の2年間、ジャッキー・ブロの所でChenin Blancの醸造を手掛け、2001年はVouvrayで醸造後、2002年に独立をしました。

■フランツ・ソーモン氏(2月のローマでのサロンにて)

Fernande Garcia氏

無農薬の農法に興味が有り、やはりChenin Blancに挑戦したいと同じAOCを結果的に選びました。独立した当初はナチュラルワインの生産者に葡萄を売っていた時代もありましたが、今ではDomaineのワインが足りなくて、葡萄を売るところが醸造しても全部売り切れで、販売するワインが足りなくなる始末です。そこで2009年〜ネゴシアンの会社を設立し、無農薬の葡萄を購入し、ワイン醸造を増やしました。
その名はUn Saumon dans la Loire(アン・ソーモン・ダン・ラ・ロワール) ロワール地方のたった1つのソーモン氏とでも訳しましょうか。
勿論、彼の十八番のMoutlouisの手を抜いている訳ではありません。
久しぶりに彼のモンルイを飲んだら、2002年当時のワインより、グッとグッと洗礼された素晴らしいワインになっております。私の中ではいつまでも若きフランツが印象的ですが、今ではもう大御所の仲間入り、弊社で扱っているGregory Leclear氏もフランツの所で見習いとして働いており、彼がどんどん指導する立場に回っているのです。
Montlouisも輸入しますが、まずはネゴシアンのものが入荷しました。

こっちの方からご紹介させて頂きますが、まだまだ小さなネゴシアン、でもDomaineのお客様も沢山いて初年度なので、ほんの少ししか入荷されませんでした。味わいはどれもネゴシアンとは思えないミネラル感、とても好きです。久しぶりに訪問し、すぐ予約しました。今まで彼のワインの買い付け枠は、一端戻りスタッフと話して本数を決めますが、これに関しては相談なしに、Max買い付けました。

が、本当に少ない本数なので、先着順に販売させて頂きますので、もし足りなくなったら申し訳ございません。フランツがびっくりしたようです。私は今まで彼に「Max何本購入できるのですか?」という質問をした事がありません。試飲してまず最初に聞いた質問です。そして「いつ出荷可能ですか?」と…。醸造方法や収量なんかは重要ではありませんでした。
とってもナチュラルな作りだったのと、昔のフランツの印象のワインを大きく上回ったのです。勿論8年も経過しているのですから十分な経験を積んだ中堅醸造家。これは騙されたと思って買って下さい。沢山紹介したいワインです。

(2011.1.16 第3回目訪問)

コスモジュン 取扱ワイン

・2009年

Vinde France Menu Pineau Pettilant Naturel 2009

Vin de France Menu Pineau Pettilant Naturel 2009

Saint-Aginanに住んでいるBIOの生産者、フィリップ・ブーブレ氏から購入したVVの樹齢から作ったペチィヤン。AOCは本来Touraineですが、VdFを選ばざるを得ません。

このペチィヤンの何が凄いかというと2010年2月23日地点での分析表はアルコール度数が13.58度もありました。そのせいか味わいは噛むようなパワーがあり、旨みとコクが前面にでた味わいです。品種の特性である酸味もしっかり備わり、ペチィヤンですが熟成させたいタイプです。でも泡はしっかり残っております。アフターに若干の苦みが残りますが、それも個性となった出来栄え


Montlouis sur Loire 2009 Mineral+Domaine

Montlouis sur Loire 2009 Mineral+(Domaine)

モンルイの辛口だとStephane Cossaisが大好きでした。 その彼がいなくなって寂しかったのですが、彼のスタイルをFrantsがそのまま引き継いだような上品な味わいです。彼の辛口モンルイはどちらかというと以前はチャーミングなスタイルでした。ところが久し振りにDomaineのワインを弊社で扱わさせて頂くと、なんだかぐっと変わりました。樽も実はStephaneの樽を彼が2010年以降引き継ぎました。まるでStephaneの心がFrantsの醸造とドッキングしたようです。

この2人はとってもとっても仲良しでした。そしてFrantsはStephaneを尊敬しておりました。勿論補糖は一切行わずアルコール度数14.02度、大当たりのワインです。さすがFrants、長い余韻も、包みこむような風味とBodyも最高の出来かもしれません。


Montlouis sur Loire 2009 Le Chapitre Moelleux (Domaine)

Montlouis sur Loire 2009 Le Chapitre Moelleux (Domaine)

フランツが大好きだったお爺様の名前‘Caporat’を頂いたワイン名。 お爺様は裁培家ではなく、何と消防士だったそうです。 畑は古い樹齢の樹なのですが、植え替えを全然していなくて(老衰で亡くなった樹の後に苗木を植える事/1942年に植えた畑)かつ剪定に拘った為、収量はたった10hl/ha。全部樽熟成、バドナージュは基本的に行いません。勿論補糖は一切行わずアルコール度数13.53度、M.Mark AngeliのAnjou Les Fouchardesと同じような印象の香りです

最初青りんごの香りがこみ上げてきましたが、直に温度と共にパワーがみなぎってきます。デキャンターした方が彼のワインを3倍楽しめそうです。味わいは酸もしかっり構成されているのにエレガントなボリューム感が嫌みなく纏まっております。残り香が長く口の中にへばりつくように残り、がぶがぶでなく、ゆっくりゆっくりと味わって頂きたいワインです。若干甘口ですが酸味との関係でいやらしく残りません。 Vouvrayは基本的に石灰粘土質、このMontlouisは同じ粘土質に砂が混じっております。ですからVouvrayより女性的なエレガントな優しい味わいになっていきます。厚み風格もたっぷりありながら、全体的に柔らかい仕上がりは土地から来るのでしょうか?


▲ページの先頭へ戻る